fc2ブログ

ぽん's セレクション♪

本日の一品♪的に買った物をご紹介☆ 是非♪

国産100% なた豆茶 (岡山県産)♪

本日ご紹介するのは、いろいろ考えて購入した

5_20210906150504a13.jpg

調べに調べて、どこでもコレが一番オススメになってるので選んだ

国産100% なた豆茶 (岡山県産)

6_2021090615050539a.jpg

国産(岡山県)のなた豆100%を使用した" 香ばしい薫り "と" スッキリした後味 "が
特徴のなた豆茶です。自然豊かな岡山県産に限定する事で味と品質が安定し、雑味の
少ないお茶に仕上がりました。
【 有機JAS認定を受けた国内工場 】で製造しており、製造から物流まで品質管理には
徹底的にこだわっています。
また、なた豆本来の" うまみ "と" 栄養素 "を抽出する為、恵み茶屋シリーズではティー
パッグにもこだわりが。お湯を注いだ際に茶葉が自由に泳ぐ大きな空間が確保する為に
テトラ型ティーパッグを採用しています。
もちろん、ティーパッグの素材は" 漂白工程のない素材 "を使用しています。
ノンカフェインで 添加物不使用でお子様から授乳中の方まで、いつでも安心してなた豆
茶をお楽しみ頂けます。

刀豆とは?
刀に豆と書いて『なたまめ』と呼ばれています。
英語ではソードビーンズ(剣の豆)と呼ばれ、日本と意味が似ています。
豆の形が剣や刀のような鉈(なた)形をしているからこのように呼ばれるのです。
なた豆は、マメ亜科に属する植物で1年草です。
大きな豆で、1年草の中では最大級の植物です。
大きさは、丈が大きなものだと5m以上あり、サヤも50㎝ほどまで太くなります。
サヤの中のマメは、楕円形で3㎝程度ですがそらまめよりも大きな豆です。
マメの色は品種によって変わり鮮やかなピンク色や赤色、白色があります。

刀豆は、生命力が強い植物でぐんぐんと大きく生長していきます。
ジャックと豆の木のモデルとなっています。
その様子から、鹿児島県などでは、縁起の良い豆や商売繁盛のお守りであると考えら
れています。
他の地域でも、花が次から次に割くことから、子孫繁栄の縁起物としても扱われています。

刀豆の原産地ははっきりとはしておらず、アジアかアフリカが原産地ではないかと言われ
ています。
日本に入ってきたのは、江戸時代の初期頃です。
当時は清の時代である中国から伝えられました。
九州地方、特に鹿児島に栽培が定着され、1696年の『農業全書』に刀豆が登場しています。

刀豆は成熟したものを漢方薬や茶葉にして使用されています。
他にも、7月から9月くらいに収穫されたものは野菜として食されています。
刀豆には、身体によい成分がたくさん含まれており、お茶にすることで成分も一緒に抽出
されます。

蓄膿症は、鼻腔や体腔といって、鼻周りにある小さな穴に膿が溜まってしまう症状です。
正式名称は慢性副鼻腔炎で、原因は風邪によるものや虫歯も関係しています。
蓄膿症になると、黄色っぽい鼻水がでるようになり、臭いや頭痛、痛みを感じることがあり
ます。
歯学博士伊藤道一郎先生の実験によると、12人の患者のうち10人に改善が見られた
そうです。
この結果は第47回の日本口腔外科学会でも発表されました。

刀豆にはアミノ酸の一種であるカナバニンという成分が含まれています。
カナバニンは、産みを排出したり炎症を抑えたりする働きがあります。
刀豆は昔から「膿取り豆」と呼ばれていましたが、その由縁となるのは刀豆の効果なの
です。
蓄膿症だけでなく、アレルギー性鼻炎をもっている方にも効果を発揮します。

腎臓は、体内の老廃物をろ過して、血液や体液を健康に保つ役割をもっています。
刀豆にはウレアーゼという成分が含まれています。
ウレアーゼは腎機能を活性化させる作用があり、弱っている腎臓にも効果が期待でき
ます。
ウレアーゼは、尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解するので、腎臓と同じ仕事を担い
ます。
その分、腎臓の負担が減るので、腎臓病の悪化を防ぐ効果があると言われています。
さらに、刀豆にはコンカナバリンAという成分が含まれています。
コンカナバリンAは、腎臓のろ過機能の回復に役立つので、二つの成分から腎臓病の
緩和が期待できます。



長くなるので続きはこちら


ご説明した内容で、ダンナっちに飲ませてみることの決め手となりま

した。





にほんブログ村 行って帰って来るクリックいいね感覚で(登録してないので・・・)
読んで頂けたらポチ♪応援、宜しくお願いします


こちらでも詳しくご紹介してます  北海道な日々 4



なた豆茶 国産 3g×25包 なた豆100% ( 岡山県 なたまめ茶 ナタマメ茶 ) ティーバッグ 無添加 恵み茶屋


















スポンサーサイト



このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する